炎センサー(FS-3500E)のご提案!



放火から守るために 、決して火災に遭わないために、万全の放火対策を!


企業にとっては事務所や工場が火災に遭い、
書類や商品、設備などが損傷すると、
その後の営業や運営、納品等が滞る事態となるため、
万全の対策が不可欠です。

・放火をさせない環境を作る

・早期発見し、適切な対応を行う


炎センサー
炎センサーは熱ではなく、炎に含まれる紫外線を探知します。 10m先 にある7 cm の炎 の紫外線を検知できるので、放火犯が離れた場所にいてもマッチやライターの火が点いた瞬間に警告メッセージを発することができるのです。一方、通常の火災感知器は建物内の温度が65℃など一定以上まで上がらなければセンサーが検知しないため早期発見が難しく、機械が感知するころには大きな炎が上がっているというケースが多くみられます。

  • 簡易取付タイプ
  • 電気工事不要(単3電池2本使用可)
  • 待機状態にて約2年目安
  • 電池寿命は常温時での運用における目安であり、保証値ではありません。
  • 音声種類
  • 5 ヶ国語(日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語)× 2 種類+警報音 1 種類

    ここは禁煙です!
    This is a non-smoking area!